テレビドラマなどで見た事がある血を吐くという症状は、自分では経験したくはないなと思っていました。でもある日の事、具合が悪くなって嘔吐した時に喉に違和感や痛みを感じて血を吐いてしまったのです。いったい何が原因かわからなかったので恐怖しました。

以前私は身内が血を吐く現場に居合わせた事があったため、もしかしたら自分も身内のような病気なのかもしれないと思ってしまったものです。ところが私が血を吐く時の原因と身内が血を吐いた時の原因はまったく違ったものだったのです。

私の場合は嘔吐しようと喉に力を込めたために、喉の血管が切れてしまったために起こったものだったのです。その後もなにも異常がなかったので自分としては一安心してしまいました。あまり医学的な知識を持ち合わせていないので、血を吐く原因なんて全くわかっていなかったのです。

そこで血を吐く原因として考えられる事を、自分や身内の経験に基づいて調べてみようと思ったわけです。まず身内が血を吐く原因は食道静脈瘤があったからです。つまり身内の場合は食道静脈瘤の破裂によるものだったのです。ほかにも血を吐く原因はありますよね。

喉に力を入れすぎたために血が出る事も実はよくある事なのだそうです。これは具合が悪いなどで吐く時に起こるので、吐いた時に血を吐くために出血したばかりの鮮血である事が多いみたいです。他に血を吐く原因はいろいろとあるみたいです。病気だけが原因ではなかったのですね。

病気が原因で血を吐く

病気が原因で血を吐く時には、その病気によって吐く原因が違ってくるものです。例えば胃潰瘍の場合に血を吐く事が多いと言われていますね。胃潰瘍の場合は潰瘍ができた場所に血管があるからです。特に血を吐くくらいの出血になる原因は、太い血管を潰瘍で傷つけてしまうからです。

でも実は胃潰瘍というのはどんな人にも必ずあるものだそうですが、その潰瘍が血を吐くほどひどくないだけなのだそうです。なので血を吐くか吐かないかというのは、潰瘍ができた場所によるといってもいいかもしれません。他に血を吐く原因になりそうな病気と言えば、呼吸器系の病気かもしれません。

よく結核などの場合に咳をすると血を吐くというのがありますが、最近では結核が原因で血を吐くという人は少なくなっているかもしれませんね。その代わりにストレスが原因の病気で血を吐くという経験をしている人も増えてきているのだそうです。

ストレスが溜まるからお酒を飲むというタイプの人がいますが、こうしたタイプの方がアルコールが原因で血を吐く事になるのでしょう。そういえば最近よく耳にするようになった、逆流性食道炎という病気でも血を吐く事があると聞きました。

何よりも怖いのは、血を吐く原因となる病気が良い病気だけだとは限らないという事です。深刻なのは癌などの病気の症状で血を吐く事があります。この場合はなるべく早く治療を始めた方がいいので、病院で検査をした方がいいと思います。