現代社会で暮らす私たちは、食べたい時にすぐに食べ物が手に入る生活をしています。甘いものが好きならチョコレートやケーキといった、昔なら食べられなかったものが簡単に手に入るのです。そのために低血糖になる人が多いのですが、実は貧血だと勘違いしてしまう人が多いそうです。

低血糖という症状はどういう症状の事を言うのかというと、急にフラフラとめまいを感じたりするため、立っていられなくなってしまったりするそうです。ドキドキと動機を感じたり疲れたと感じたりするのです。実はこの症状は貧血の症状ととてもよく似ている症状なのです。

そのため本当は低血糖なのに貧血だと勘違いをしてしまって、治療が遅くなってしまったために、本格的に糖尿病のようになってしまったりするのだそうです。それにしても低血糖はどうして貧血の症状と似ているのでしょうか?とても不思議に感じてしまいますよね。

そこで低血糖の症状の起こり方と貧血の症状の起こり方を一つずつ調べてみる事にしました。まず低血糖ですが、低血糖が起こる原因は糖の摂り過ぎによるものです。摂り過ぎというか糖をいきなり体に入れる事によって、膵臓がインスリンというホルモンを過剰に分泌するのです。

そうすると血糖値がいきなり上がった状態からいきなり下がってしまうわけです。そうすると倦怠感が起こったりフラフラとしてしまったりするのです。実は貧血のメカニズムとは全く違ったものなのですね。一方貧血は頭に酸素がたっぷりの血液が回らないために起こります。

でもどちらも症状は立ちくらみの感じがしたり、フラフラしてしまったりドキドキと動悸を感じたりするので、実際は低血糖なのに、これは貧血に違いないと考えてしまう事が多いのです。

低血糖と貧血を間違うことなかれ!

低血糖と貧血を間違えたからといって、特に問題になる事もないだろうと考える人もいるかもしれませんが、低血糖を放置しておくのはあまり良い事だとは言えません。というのも低血糖の症状を繰り返していると、膵臓の働きが悪くなってしまうからです。

もちろん貧血も放置しておくといつまでたっても辛い症状から抜け出す事ができないので辛いですが、低血糖の場合には命に関わる病気になってしまう可能性があるので、貧血に似ている症状がずっと続くようであれば、病院でしっかりと検査をしてもらった方がいいと思います。

例えば低血糖の特徴としては、食後1時間くらい経つとお腹が空いて仕方が無いというのも低血糖の症状の一つです。これは貧血には無い症状なので多分一番わかりやすいのではないかと思います。この症状は食後に一気に血糖値が上がり、その後一気に血糖値が下がるために起こる症状です。

この一番わかりやすい症状が出た時には、低血糖だと思って病院で検査を受けて、必要ならばしかるべき治療を受けるべきです。低血糖の状態が続くようだと膵臓がインスリンを過剰供給してしまうために、やがてインスリンを作り出す力がなくなってしまいます。貧血よりも恐ろしい病気になるのです。

現在、こうした事が原因で低血糖から糖尿病へと発展してしまう人が増えているのだそうです。貧血との差は食事をしてから1時間くらい経った頃に出る症状です。このポイントをおさえておけば、早めに低血糖を改善する事ができるでしょう。