日本もとても豊かな国になってきたので、最近では食べたいものを食べる事ができるようになりました。昔の食卓ではあまり出てこなかったお菓子やジュースなども簡単に手に入るようになったため、最近では低血糖といった症状が出て悩む人も多くなってきたのだそうです。

低血糖という言葉を聞いた事がある人はとても多くなってきたと思うのですが、低血糖になるとどんな症状が起こるのかを把握している人はそれほど多くはないのかもしれません。そこで低血糖になったらどのような症状が出るのかを調べてみる事にしたのです。

まず低血糖というのがどのような症状なのかという事からはじめると、低血糖というのは血糖値が下がった状態で、つまりは血液中に糖が少なくなっている事をあらわします。低血糖になると私たち人間の身体は思うように動かなくなります。これは精神面にも影響を及ぼします。

身体が低血糖になると脳に栄養が行かなくなるので、思うように脳が働かなくなります。すると何かをしようと思っても集中ができなくなったり、そわそわするようになったり何もしたくなくなったりするのです。でもこうした症状の次に襲ってくる別の症状が怖いのです。

実は低血糖の状態が続いてしまうと、今度は脳の中でアドレナリンという物質が増えていきます。するとイライラしてものに当たったり、ちょっとした事で起こりっぽくなったりします。空腹も実はアドレナリンが分泌されるために起こる減少なのです。

そしてさらに恐ろしいのは、低血糖の状態が頻繁に起こるようになると、身体が血糖値を一定に保つためにインスリンやアドレナリンの分泌を異常に分泌したりしなかったりしてしまうので、低血糖の症状が慢性的に起こるようになります。これを避けるためには低血糖症を治療するしかないのです。

低血糖の症状が起こるメカニズム

低血糖の症状が出ているのかいないのかを把握するためには、低血糖による症状がどのようにして起こるのかのメカニズムを知る事から始めなくてはなりません。そしてお菓子やジュースなどがどうしていけないのかについてもしっかりと把握しなくてはならないでしょう。

まずどうしてお菓子やジュースといった糖分の多い食べ物を食べるのがいけないのかというと、普通私たちの身体というのは穀物やその他の食べ物から糖分を分解して得る仕組みになっています。そのため血糖値が急激に上がるとか下がるといった症状が出ないのが普通なのです。

ところが糖分を多く含んでいる食べ物や飲み物が体内に入ってくると、糖の吸収が早いため血糖値がいきなり上昇してしまいます。いきなり上昇すると血糖値を下げようとインスリンが分泌されるため、今度は急激に血糖値が下がる事になります。この状態が低血糖で色々な症状を引き起こすのです。

すると食べたのにお腹が減ってしまうとか、頭がぼーっとするとか集中力がなくなるといった低血糖の症状が出てくるのです。もしも食べ物を食べた後で眠くなるという症状が強く出たりした場合には、もしかしたら低血糖になっているのかもしれないと疑ってもいいかもしれません。

低血糖である事を放置しておく事も避けなくてはならないので、自分が低血糖になっているのかいないのかをしっかりと把握する必要があります。食事を摂った後で頭がぼーっとするとか集中力がないとかの諸症状が出てきた場合には、一度病院で血糖値の検査などをした方がいいかもしれません。

そのままの状態を続けていると、すい臓が働き過ぎで病気になってしまったりする事があります。慢性的に低血糖にならないように食生活を改善するなど、自分でできる改善を行ったり必要ならば病院で検査を受けて、低血糖による症状を改善していくべきです。