低血糖症というのは一般的にはあまり知られていなかった症状ですが、実際には病院の医師でも糖尿病の症状の一つであると考えている人も多いので、低血糖症の検査をしたいと思ってもすぐには受けられない事も多いのだそうです。

もしかしたら一般の人の方が低血糖症についてをしっかりと調べている可能性もあるくらいで、食事をしっかりと食べた後で空腹感に襲われてしまうために、低血糖症の検査をしようと思って病院に相談しても、ここではやっていないと言われる事が多かったのです。

ですが最近では低血糖症の検査をしてくれる病院も増えてきているので、もしかしたら自分は低血糖症なのではないだろうか?と思っている人も、自分が暮らしている病院で低血糖症の検査を受ける事ができる可能性もあるので聞いてみるといいでしょう。

低血糖症の検査と一言で言っても、どんな検査をしてくれるものなのか気になりますよね。低血糖症の検査で最も有名な検査は、5時間糖負荷検査という検査で、前日から何も食べていない状態で血糖値の検査をしていくというものです。

一般的には低血糖症の検査というよりも5時間糖負荷検査と言われているので、病院で低血糖症の検査をして欲しいというのではなく、5時間糖負荷検査をお願いしますと言った方がいいでしょう。ただ最近この検査を望む患者さんが多いようなので、予約がいっぱいの可能性もあるそうです。

では具体的に低血糖症の検査と言われている5時間糖負荷検査がどのような検査で、どのくらいの費用がかかるのかについてを調べてみる事にしましょう。

低血糖症の5時間糖負荷検査の内容と費用

自分が低血糖症であるのかどうかを調べるためには、自分の身体がどのように糖を消費しているのかや、糖がどのくらいの時間で消費されているのかなどを詳しく調べる必要があります。この時行われる検査を5時間糖負荷検査というのだそうです。

病院でこの検査を受けるわけですが、事前に予約をしておかなくてはならない場合がとても多いのだそうです。ですが低血糖症かどうかをしっかりと把握できるのと、低血糖症に対しての考え方や対処の方法なども相談できるのでお勧めなのです。

低血糖症の検査に必要な費用ですが、一般的に病院で低血糖症の検査である5時間糖負荷検査を受けると、その病院の定められた初診料がかかります。これは病院の規模によって違ってくるので、あらかじめ検査を受ける病院で聞いてみるといいでしょう。

低血糖症の検査にかかる検査料は2万円前後であると言われています。検査を受ける時には前日のよる10時から食事を摂る事はできません。胃カメラなどの検査をする時と同じ状況で、水かお茶しか飲むことはできないのです。検査は病院で5時間の間の血糖値を調べます。

なので一定の時間ごとに血液を採取して検査を行う事になるわけです。この検査で低血糖症というよりも糖がどのように消費されているのかを調べる事ができるので、低血糖症であるかどうかがわかるそうです。検査の結果は自宅へ郵送する事も可能だそうです。