糖尿病で注意しなくてはならないのは、低血糖の症状が出る事です。普通糖尿病と言えば血糖値が高くなるというイメージがありますが、インスリンによる治療をしている場合、インスリンの副作用として低血糖症を起こす事があり、それが原因で脳障害を起こす事もあるのです。

低血糖による脳障害は、急激に血糖値が下がる事によって起こる症状で、特にインスリンによる血糖値のコントロールをする時には注意しなくてはならない事だそうです。低血糖を起こした状態というのは、ガソリンが切れた車と同じ事ですから、動けなくなるのは当然です。

その状態が私たちの体の中で起こっている事になるのです。ですが脳障害が起こるほど低血糖になるまでには、さまざまな症状が出てくるものです。なのでできれば低血糖による脳障害が起こる前に、低血糖である事に気付いて対処を行うべきなのです。

ただ、最初の段階で低血糖であるという事に気づけない場合が多いのも事実ですし、例えばインスリンによる急激な低血糖の場合は、いきなり意識障害を起こす可能性だってあるかもしれません。なので、常に血糖値やそれによる症状には注意しなくてはならないのです。

低血糖による意識障害を起こしたあとで脳障害は起こります。なので急激な低血糖ではない場合は、次の症状があらわれたら何らかの対処をするようにしましょう。

・食後に急激に眠くなる。

・集中力が無くなった。

・めまいがする。

・頭痛がする。

・フラフラする。

・呼吸が浅く早い。

・疲労感が酷い。

・やたらとあくびが出る。

これらの症状が見られた場合は、低血糖による意識障害などを引き起こし、脳障害を起こす可能性があるので、できるだけ早く対応するためにも、病院に行って検査を受けてみると良いかもしれません。

低血糖による脳障害のメカニズムと治療

糖尿病にしろ何らかの病気の治療中にしろ、低血糖によって意識障害を起こしたり、低血糖の発作の後遺症として脳障害が残る事があると言われています。なぜ低血糖によって脳障害が起こるのかというと、血糖値を下げるための治療が原因だとも言われています。

インスリンなどの高血糖の治療に使われる薬の副作用などで、血糖値が急激に下がり低血糖になると、脳を守ろうとして意識障害を起こすと考えられているようで、その治療をするためにブドウ糖などを投与すると、脳の中で過酸化脂質が増えるのだそうです。

これが原因で脳障害を引き起こすのだと言われているそうです。よく低血糖による脳障害を何度も繰り返し起こしていると、そのうちに認知症になりやすいという話を聞きますが、脳の中で過酸化脂質が増えて神経を傷つけた事が原因なので、これに対する治療が必要になります。

今のところわかっている治療法と言えば、A1da-1というものを使う事によって、脳の過酸化脂質という物質を減らして傷ついた細胞を減らす事ができたそうです。ですがまだまだ低血糖による脳障害や、それによる認知症の完全な治療法とは言えません。

なので低血糖による脳障害が起こらないように、普段から血糖値の管理はしっかりと行うべきです。最近では血糖値を計る測定器などが売られているので、そういったものを用意して健康管理をしてもいいでしょう。