お腹が空きすぎるとめまいなどの症状を引き起こす事がありますよね。以前私は低血糖というものを知らずにいました。ちょうど仕事が慣れてきた頃で、食事をするのも忘れて仕事をしていた事がありました。その時めまいや頭痛を感じるようになったのです。

もともと食べる事にあまり興味がいかなかった私は、何かに夢中になると食事も忘れてしまうため、たびたびめまいや頭痛などを起こしていたのです。ところがある日あまりにもひどいめまいと頭痛があったので、病院で検査をしてもらう事にしたわけです。

すると、恐らく低血糖になってしまったためだと言われたのです。幸いにも低血糖症だと診断されてはいませんが、今でも時々食事をするのを忘れたりすると、めまいや頭痛を感じる事があるので、できるだけ時間を決めて食事を摂るようにしています。

低血糖による頭痛はどうして起こるのか不思議ですよね。そこで低血糖になるとどうして頭痛などの症状が出るのかを簡単に調べてみる事にしたのです。すると低血糖になると、脳が生命活動をするのに危険を感じる事で、身の危険を教えているための症状なのだそうです。

つまり脳がエネルギー不足になっているという事を、めまいや頭痛などで本人に自覚させるわけです。それが低血糖による頭痛などの症状の原因なのだそうです。この症状は食事をしっかりと摂る事で改善する症状です。

ですが、めまいや頭痛などの症状を低血糖の症状だと気づかないと、さらに症状は悪化していく可能性があるので気を付けなくてはならないそうです。

低血糖の頭痛を放置すると

低血糖による頭痛はとてもポピュラーな症状だと言われています。ところで、食事を忘れた事によって低血糖の症状が出ると思われがちですが、確かにダイエットをしている女性が、食事制限などを行ったりすると低血糖による頭痛を感じる事があるようです。

ですが低血糖による頭痛の原因は、何もダイエットや食事をする事だけとは限りません。食後に低血糖による頭痛が起こる事もあります。食後にいきなり血糖値が上昇する事で、体内で上がった血糖値を下げようとインスリンが出てくるのです。

そのため上がった血糖値が急激に下がる事で低血糖の症状が起こるわけです。やはり空腹による低血糖の症状と同じように、頭痛やめまいなどが起こるわけです。ちなみに血糖値が下がると頭痛が起こるのは、血管の収縮が原因だとも言われています。

低血糖になったためにホルモンの分泌が行われ、血管の収縮があるのはよくある事で、血管の収縮によって血流障害が起こる事が頭痛の原因だとも言われています。解決するために必要なのは急激な血糖値の上昇を防ぐ事と、空腹の状態を続けない事です。

この二つは低血糖によるめまいや、頭痛を引き起こすだけではなく、気づけないとさらにひどい状況をつくりかねません。なので食事をする時にもできるだけ急激に血糖値を上げない食べ方をするなどを、工夫する事も必要かもしれません。