低血圧と鉄欠乏性貧血の私は貧血が進んでくると、当然ながら少し立ち上がっただけでもクラクラと立ちくらみをしたりしてしまいます。ところで、よく貧血で立ちくらみやめまいがするという表現をする方がいますが、その二つが同時にある事は私はあまりありません。

どちらもクラクラとするという点で似ていると言えるのではないかと思うのですが、実際に立ちくらみとめまいは同じ症状ではありません。名前が違う事からもそれはわかると思うのですが、似ていても原因が全く違ったりするようなのです。

では立ちくらみとめまいの根本的な原因はいったいどのような事なのかを調べてみる事にしましょう。立ちくらみというのは座った状態から立ち上がった時に、頭から血の気が引いてしまう事によって起こる症状ですが、多くは起立性貧血というのが原因です。

起立性貧血は低血圧でも高血圧でも起こります。基本的に立ちくらみの原因は頭部に血液がまわらないために酸素不足になる状態です。ではめまいはどういう事が原因で起こるのかというと、めまいなどは貧血で起こるのではなく病気が原因みたいです。

でもこの二つの症状が起こる病気の共通点はあります。それは超低血圧です。私は年に何回か超低血圧になるのですが、この時めまいと立ちくらみの症状がひどくて、起き上がれない事があります。頭を上に上げる事ができないのです。

いずれにしてもめまいと立ちくらみが同時に起こる事はほとんど無いと言ってもいいかもしれません。

めまいと立ちくらみのそれぞれの原因

立ちくらみとめまいは似ていて非なる症状です。立ちくらみの原因は脳に血液がまわらないために、酸欠状態になるのでクラクラと立ちくらみが起こるわけです。実は低血圧の方も多いと思うのですが、高血圧の方の方がより立ちくらみを感じるかもしれません。

普段は頭に血がたくさんあるのに、急に立ち上がる事によって頭から血が下がってしまうわけですから、より多く立ちくらみを感じるのかもしれません。一方めまいの本当の原因は寝不足とか栄養不良などが原因でフラフラっとするタイプとそうではないものがあります。

もう一つのめまいの原因は耳に関する病気が原因です。メニエール病などがそうですよね。要するに三半規管に問題が発生する病気などになると、めまいの症状が出てくる事になるのです。特に三半規管が原因でめまいがする時というのは、相当な辛さがあるものです。

あまり立ちくらみやめまいを経験した事がない人の場合は、立ちくらみとめまいの区別がつきにくいかもしれませんが、一番簡単な違いは立ちくらみはちょっとじっとしていると治るのですが、めまいの方はじっとしていてもすぐには治らないという事ではないでしょうか。

特にめまいの場合は何らかの病気が隠されている可能性が非常に高いと思うので、できるだけ早く病院で検査などを受けておくといいと思います。立ちくらみの方は自宅で食生活の改善などで治す事ができる可能性が高いのですが、甘くみないで検査を受けた方がいいでしょう。