胃痛は胃の調子が悪い時に起こる症状であって、他の症状と一緒に起こるとは思いもしませんでした。ところが胃痛と同時に寒気を感じる機会があったのです。本来なら問題になりそうな事なのですが、近所にあるスーパーで販売しているお寿司を食べた後に、この二つの症状が重なる経験をしたのです。

食事をした後30分ほど経過した頃でしょうか、急に寒気と吐き気そして胃痛が襲ってきたのです。それまでそんな事は経験したことがなかったので、自分の身体に一体何が起こったのだろうと戸惑いました。しばらくおとなしくしていれば治るだろうと思ったのですが、症状はどんどん悪化していきました。

結局胃痛と寒気が起こってからわずか数分後に、私は耐えられなくなって嘔吐、そして激しい下痢に襲われたのです。何事が起きたのかと不安になったので、急いで病院に行って検査をしていただく事にしました。一体どんな病気になったと思われるでしょうか?実は私が経験したこの症状はウィルス性胃腸炎です。

ウィルス性胃腸炎の中にはノロウィルスやロタウィルスなどがありますが、私の場合はノロウィルスで、最近この名前の食中毒の事を聞いた事がない人はいないでしょう。つまり胃痛と寒気が同時に起こったとしたらそれは、いわゆる食中毒の症状であると考えた方がいいのです。

私の経験したノロウィルスの場合は、初期症状もなにもありませんでした。いきなり胃痛と寒気そして微熱と吐き気と下痢といった症状が襲ってきました。もちろん全ての感染者が同じ症状とは思いませんが、いきなりいくつもの症状が襲ってくる感染症である事は間違いありません。

胃痛と寒気の起こりうる病気

ノロウィルスではない場合で胃痛や寒気を感じる病気もあります。例えば風邪をひいたりしても胃痛がしたり寒気と発熱が起こる事があります。風邪による寒気は熱が出て身体に入り込んだウィルスを殺すために起こると考えられます。

胃痛は風邪によって胃の調子が悪くなってしまったために起こると考えられます。そもそも私たち人間は消化する時に一番熱量を使うのだそうですね。なので風邪のウィルスが入り込んだ時に、胃の働きが普段よりも悪くなるという事は十分に考えられます。ただし胃の働きが悪いのと寒気は関連は無いと思います。

あくまでも寒気はウィルスを排除するための熱のために起こる症状であって、胃痛によって寒気がするという事ではないと思います。他に胃痛がして寒気がする病気は食中毒くらいかもしれません。たかが食中毒だからと甘くみていると、水分の消費が激しいので脱水症状になる事もあります。

なのでもしも風邪の症状ではないのに寒気や胃痛がある場合には、食中毒の可能性を考えて病院に行った方がいいと思います。特にノロウィルスの場合は感染力が非常に強いので、次々と家族が感染する可能性もあります。なのでトイレや水回りなどはできるだけ消毒などをしたほうがいいと思います。

ちなみにですが、ノロウィルスが流行するのは夏ではなくて冬です。私もちょうどお正月というめでたい時に感染しました。そのほかの食中毒は梅雨時などに多いのだそうですので、食べ物の管理やできあいのものを買ってくる時には注意したほうがいいかもしれません。