女性の血尿で痛みなしの場合は何か問題があるものなのでしょうか?女性の場合は生理など毎月出血をする事もあるので、それが血尿であるかどうかがわからない事も多いかもしれません。でももしも目に見えて月経でもないのに血尿が出ていたら怖いと感じてしまいますよね。

自分の経験で言えば、痛みなしの血尿が続いたらかなり不安に感じてしまいます。女性はとかく血液にはそれほど驚きませんが、血尿といったらどこからか出血をしているという事になるので、とりあえずはやはり病院に行って検査を受けてみる事を考えるでしょう。

実際に自分でも病院で検査を受けた事が何度もありました。血尿の原因の多くは膀胱炎だったのですが、痛みなしでも膀胱炎という事があるのかと驚いた事もありました。女性の膀胱炎による血尿はそれほどめずらしい事ではないのだそうです。

とかく尿意を我慢してしまう傾向にある女性は、膀胱炎になりやすいとも言われています。たいていの場合は痛みを感じるものなのかもしれませんが、痛みなしでも膀胱炎にもなりますし血尿も出るので要注意です。できるだけ早く病院で治療を受けた方がいいでしょう。

また、女性で痛みなしの血尿が出る場合には、もしかしたら別の病気が潜んでいる可能性もあるのだそうです。なので、もしも血尿が出て続くようだったら、なるべく早く病院に行って検査を受けるべきです。では具体的にどんな病気が考えられるのかを調べてみました。

女性の痛みなしの血尿の怖い原因

女性がトイレで血尿を見たとしても、実際にはそれほど驚く事は無いというのが普通なのだそうです。毎月の月経でそれよりもひどい出血を見ているからなのかもしれませんが、何よりも痛みなしの場合にはそれほどの病気ではないだろうと思い込んでしまうのです。

例えば血尿が出たとして気になったとしても、痛みがある場合には結石などの病気である可能性がありますが、痛みなしの場合には結石ではないのだな、と判断して多分ストレスだろうなどと自分で判断してしまう事が多いのだそうです。でももしもその血尿が癌だったらどうしますか?

中には痛みなしで血尿が出た女性が、そのまま放置していたところ癌だったという事もあるので、できれば血尿が出て痛みなしだったとしても、一応病院に行って検査を受けた方がいいかもしれません。特に女性の場合は子宮頸がんなどの病気の場合もあるので怖いのです。

子宮頸がんは現代でこそワクチンなどがあって予防する事ができるようになりましたが、まだまだワクチンが浸透していないのも事実です。なので例え痛みなしだったとしても子宮頸がんの症状の可能性があるので、できるだけ早めに病院で検査を受けてみるべきです。

もちろんその時に子宮頸がんではなかったとしても、検査を受ける事自体は悪い事ではありません。病気だった場合には早めに治療ができますし、たった一回の血尿で病気がわかれば不幸中の幸いではないですか!そう考えたら常にトイレで血尿チェックをしてみるべきかもしれませんね。