尿に血液が混ざっているように見える事がありますが、本当に血液が混ざっていた場合それは血尿という症状です。そして奇妙な事に血尿が起こった時に、同時に腰痛を感じるという人がいるのですが、原因はいったいなんなのでしょうか?

心配性の人ではなくても「ひょっとしたら癌?」と思ってしまうかもしれませんが、多くの場合、血尿と腰痛がある場合の病気は、結石という腎臓から尿管そして尿道にかけて石が通るために起こる症状だと言われているのだそうです。

結石は腎臓で尿を濾過する時に、カルシウムなどの余分なミネラルが石のように固まったものですが、これが尿と一緒に排泄される時に、関係している器官を傷つけるために血尿が出て、さらに石が排泄される時に腰痛などの痛みを発するのです。

ですが結石による痛みはいわゆる激痛である事が多いので、腰痛で終わる事は少ないようですね。いずれは激しい腹痛などの症状に変わる可能性があるので、血尿や腰痛を感じたら病院に行って検査を受けてみるといいでしょう。

また、結石ではなくて血尿や腰痛を感じた場合には、もしかしたら膀胱炎である可能性があるので、やはり一度病院に行って検査などを受けて、必要ならば治療をしっかりと受けた方がいいでしょう。

男性の場合で血尿や腰痛を感じた場合には、前立腺の関係している病気の可能性も捨てきれません。なるべく早めに病院で検査を受けた方がいいかもしれません。前立腺がんでも血尿や腰痛の症状が出てくることがあるからです。

血尿と腰痛への対策

血尿や腰痛があったら心配ですよね。何か恐ろしい病気ではないかを病院で調べてもらうのは必須条件ですが、多くの場合は膀胱炎など腎臓から膀胱にかけての器官からの出血と、それにともなう腰痛である事がわかっています。

もしも尿に関係している器官が原因で血尿が出ていたり、腰痛があった場合には病院だけではなくて、自宅でもしっかりと自分の健康管理をするべきではないでしょうか。例えば自分で気をつけている事は、毎日の水分のコントロールを行っています。

水分のコントロールをする事によって、血尿を防ぐ事ができたり結石などがあった場合には、石を出しやすくしてくれる事もあるでしょう。それによって腰痛の痛みも少なく感じるのではないでしょうか。特に血尿が出た場合にはたっぷりと水分を摂りましょう。

ただ女性の場合でも男性の場合でも、それ以外の病気が原因で血尿が出たり腰痛がする場合もあるでしょう。そういう時にはやはり早めに治療を開始するのが望ましいと思うので、できるだけ症状に気づいた段階で病院に行くようにすべきです。

中には子宮頸がんや子宮筋腫などの重大な病気である可能性も捨てきれません。また、男性の場合では腰痛と血尿の症状が前立腺がんである可能性も捨てきれないので、できるだけ早く病院で検査などを受けてできる限り必要な治療をできるだけ早く受けるべきでしょう。

このように血尿と腰痛が起こった場合で、原因が自分でわかっている場合には、できる事を自分でも行って早く改善し、原因がわかっていない時にはできるだけ早く病院に行く事をおすすめします。