女性は血尿には慣れっこだとある意味言えるかもしれませんね。毎月の月経があるからかもしれませんが、月経の時でなかったとしても血尿が出てもそれほど驚いてしまったりする事は無いものです。さて、女性の血尿の原因や病気についてを調べてみましょう。

昔から言われている女性の血尿の原因の中で、よくあるものといえばやはり膀胱炎ではないでしょうか。膀胱炎は膀胱などに雑菌が入り込む事によって、炎症を起こしてしまうために痛みや血尿などの症状が出てくると言われています。

男性よりも女性の方が患者さんが多いのには理由があって、身体のつくりが膀胱炎になりやすいというのと、行きたい時にトイレに行けないというのが重なっているのかもしれません。そのため血尿の原因のトップにきているのだと考える事ができます。

他にも女性の血尿の原因になりそうな病気はありますね。例えばこれは男性でも同じだと思うのですが、結石などができたりすると血尿の症状が出てくる事があります。とてもポピュラーな症状なのですが、原因を改善しなくては症状がおさまる事はありません。

基本的に男性でも女性でも血尿などの症状が出た場合には、健康だとは決して言えません。仕事が忙しいからといって放置せずに、できるだけ早く病院に行って治療を受けた方がいいでしょう。もちろん女性特有の血尿の原因となりうる病気は存在します。

なので次は女性に特有の血尿の原因についてを色々と調べてみる事にしました。

女性の血尿の原因となっている病気

やはり女性の血尿の原因の第1位は尿路結石、そして尿管結石そして腎臓の炎症などではないでしょうか。それに膀胱炎など尿に関係している部分の炎症などが原因で血尿が出る事が多いのは事実でしょう。これは恐らく男性でも同じ結果であると思います。

女性特有の病気で言えば、子宮関係の病気で出血をしている時に、尿と一緒に血液が出てくる事にもなるでしょうから、結果的に血尿だと認識してしまうものも多いでしょう。子宮筋腫や卵巣嚢腫などでも出血があれば、血尿の原因の一つとして計算されるのを忘れてはいけません。

子宮頸がんなどになって出血をしたとしても、血尿として認識されるので女性特有の血尿の原因の一つであると言えるかもしれません。近年女性の社会進出によってストレスにさらされる事が多くなりました。特に結婚している女性の場合はストレスが多い事でしょう。

強いストレスが原因で血尿が出てしまうという女性の数が増加している事からもその事実が伺えます。強いストレスからくる疲れによる血尿は、放置している事によって余計にひどくなる可能性があるので注意しなくてはならないでしょう。

また、女性特有の病気である子宮内膜症や子宮筋腫や子宮がん、それに卵巣関連の病気などもストレスが関係している事もあるので、血尿の原因となる事が考えられますので、できるだけ日々のストレスはその都度その都度減らせるように努力してもいいかもしれません。