倦怠感は普段健康な人であっても感じる事はあります。例えば少し前の話ですが、朝目が覚めたら何だか身体がダルい感じがしました。布団から出る気力が湧いてこないのです。身体も少し熱い感じがしたので熱を測ったら微熱がありました。

結局その日1日は安静にしていようと思って、寝たり起きたりをして過ごしました。幸いな事に特に何も変化がなく夜には倦怠感も微熱もなくなっていましたが、結局病院に行ったわけではなかったので、倦怠感の原因も微熱の原因もわかりませんでした。

そう言えば最近私の周囲でも倦怠感と同時に微熱が出るという方がいました。その方の場合も私と同じように、朝起きたら倦怠感と微熱があったので、おかしいなと思って病院に行ってみたのだそうです。するとその方の原因はわからないという事でした。

ところがその方の倦怠感と微熱はずっと続いたのです。その方は女性だったのですが、月経が来なかったので様子を見ていたら、やはり妊娠の初期症状だったのです。なるほど、確かに妊娠の初期症状は倦怠感と微熱でした。とても良い事だったので安心しました。

でも同じ倦怠感と微熱でも妊娠ではなかった場合にはどうなのでしょうか?この病気も最近多いみたいなのですが、慢性疲労という病気があるのだそうですね。この病気も倦怠感や微熱が続いたりするのだそうです。もちろん他にも頭痛や全身の違和感などもあるそうです。

最近はこの慢性疲労による倦怠感や微熱を感じる方が多くなっているそうです。特に男性よりも女性の方が患者数が多くなっていると聞きました。もしも女性で倦怠感や微熱がある場合には、妊娠もしくは慢性疲労病を疑って病院に行ってみてはどうでしょうか。

倦怠感と微熱が出る他の病気はあるのか?

倦怠感と微熱を感じるという事は意外と多いみたいです。恐らくですが一番ポピュラーな症状なのではないでしょうか。倦怠感と微熱は病気ではなくても感じる事があるそうで、だからといって放置して良いというわけではありませんが、それほど心配する事も無いそうです。

それでも心配!という方も当然いるはずですね。なのでまず倦怠感と微熱だけであった場合、その日の事を振り返ってみてはいかがでしょうか。普段よりも多く動いたとか何か原因が必ずあるはずです。もしも動き過ぎていたなと思ったのなら、軽い疲労が原因の症状でしょう。

ところがもしも、倦怠感と微熱の他にも症状がある場合には注意しなくてはならないかもしれません。例えば何らかの病気になったとしても、倦怠感や微熱を感じる事があるからです。特にウィルス性の病気になってしまった場合の初期症状として現れる事も非常に多いです。

また、これも最近増えているらしいのですが、低血糖の症状にも倦怠感や微熱を感じる事があるそうです。実は低血糖は大人でも子供でも発症するものなので、子供さんが倦怠感や微熱を訴えた時には、低血糖の可能性もあるので病院へ連れて行ってあげるといいかもしれません。

どうでしょうか、意外と倦怠感や微熱の原因は多いですよね。これでは何が原因だか判断できないと思われるかもしれませんが、実際に倦怠感や微熱といった症状は、ほぼ全てと言ってもいいくらいの病気の初期症状や症状に含まれているのです。なので倦怠感や微熱が続くようなら病院に行くべきなのです。