過呼吸の正しい対処をどうすればいいのかですが、これはどうして過呼吸が起こるのかをしっかりと頭に入れておけば良い事なのです。そういえば最近は過呼吸で悩む女性が増えてきているのだそうですね。突然の発作で不安が募る事でしょう。

実は家族に過呼吸で悩む人がいるのでわかるのですが、過呼吸になると「死ぬのではないか」という恐怖がどうしても出てくるのだそうです。そのために発作が起こった時にはパニックになってしまうので、正しい対処の方法を家族も身につける必要があります。

昔のお話なので現代では禁止されている対処を学びました。それはペーパーバッグ法という対処法で、発作が起きたら紙袋などを口や鼻にあてて呼吸をするというものです。でもこれ最近では危険なので禁止されているのだそうですね。という事は昔は医師も対処を間違っていた事になります。

まず過呼吸に対処するためには、過呼吸がどうして起こっているのかをしっかりと学ぶ必要があります。例えば過呼吸が起こると酸素が欲しくなりますが、実際には酸素は足りていて二酸化炭素が足らなくなっているために発作が起きるのです。

なので対処として正しいのは呼吸を整える事なのです。今では病院に過呼吸の発作で搬送されても、多くの場合はパニックが落ち着いたら何も治療もせずに帰されるのです。単に呼吸を落ち着かせるだけで良いので、普段からそれを頭に入れておくといいでしょう。

基本的に過呼吸になった時の対処として正しいのは、正しい呼吸法を教えてあげる事です。ゆっくりと1回吸ってゆっくりと2回吐くという呼吸法を指導してあげると良いでしょう。

過呼吸が起こった時の正しい対処

過呼吸は一種のパニック症状であって、病気では無いというのが一般的な見解だと思います。でも発作を起こした本人にしてみれば、理屈はわかっていてもどうしても制御ができないために恐怖になるわけです。そこで周囲にいる人が過呼吸の正しい対処を身につける必要があるわけです。

まず過呼吸になっている方がいたとします。決して紙袋などを与えてはいけません。正しい対処としては発作を起こしている人を落ち着けてあげる事です。まず背中をゆっくりと叩いてあげるなど、落ち着けるようにしてあげるようにしましょう。

もしそれでも過呼吸が落ち着かない時には、次の段階の対処として呼吸法を一緒に行ってあげるといいでしょう。呼吸法は10秒をかけてゆっくりと行います。1回吸って2回吐くというようにゆっくりと行います。この方法で二酸化炭素の量を増やしてあげるのです。

間違ってはいけないのは紙袋などで酸素の供給を絶つ事はしてはいけません。なぜならば過呼吸の発作の時には二酸化炭素の量が減っているのと同時に酸素の量も減っているからなのです。なのでもしも酸素も二酸化炭素も減ってしまっては、脳が機能できなくなるので意識を失う結果になります。

なのでとにかく正しい対処としては、発作を起こしている方を落ち着かせてあげるという事です。そしてゆっくりと呼吸をする事を指導したり、リズムを取るために背中を押してあげるなどをしてもいいでしょう。過呼吸は落ち着けば簡単に治ってしまう症状なので、まずは対処をする人も落ち着く事が前提です。