緊張すると呼吸数が増えるというのは聞いた事がありましたが、特に緊張していないのにいきなり発作のように呼吸数が増えるというのは聞いた事がありませんでした。ところが久しぶりに合った友人が薬を見せて、過換気症候群である事を私に告白してくれたのでした。

この病気は過呼吸と似ているために、飲む薬も似ているのだそうです。発作が起こる原因は過呼吸と同じように極度に緊張したりする事でも起こるそうです。過換気症候群の発作が過呼吸の症状と違うのは、精神的に不安になったりする事によって起こるそうです。

私はこれまで過呼吸症候群も過換気症候群も同じものだと思っていました。でも過呼吸は誰にでも起こりうる事なのですが、過換気症候群の場合は精神的な事などが原因で起こると考えられているそうです。そのためか病院で処方される薬はデパスなど精神安定剤などが多いそうです。

デパスというのは神経に効くとされるお薬で、不安感や不安からくる痛みなどを抑える働きがある薬です。過換気症候群が不安などからくるため、デパスなどのような抗不安薬などを処方されるのですね。問題なのは抗不安薬などは常習性が出るという事なのだそうです。

でもデパスなどの場合は常習性が出るほど強い薬だとは思えないので、気にする必要はないのでは?と言ってみましたが、不安な気持ちはなくならないためについ薬に頼りきってしまうのだそうです。友人としては過換気症候群を治療したいのですが、なかなかうまくはいかないみたいです。

薬に頼らない過換気症候群の対処とは

過換気症候群の発作が起きた時、私たちの身体の中ではどんな事が起こっているのかをしっかりと把握するべきです。不安になった時に血液中の二酸化炭素の濃度が下がるそうです。つまり二酸化炭素の濃度が下がるために過呼吸になります。通常は薬を飲んで不安感を抑えるといいそうです。

でも薬ばかりに頼っているのは不安に感じる事もあります。なので、過換気症候群の発作が起きた時の対処方についても身につけておくべきではないでしょうか。血液中の二酸化炭素が少なくなるために過呼吸になるので、二酸化炭素のバランスを保つためにも、ゆっくりと息を吐く事に集中します。

すると少しずつ呼吸が楽になってくるそうです。自分でコントロールをする事ができればいいですが、最初は誰かに助けてもらって訓練するなりするといいそうです。慣れてくれば薬に頼らなくても済むようになるので、過換気症候群の方は試してみてはいかがでしょうか?

もちろん過換気症候群を根本的に治療したいのなら、しっかりと医師の言う事をよくきいて、薬も必要ならばちゃんとに飲んで不安からくる発作が起こらないように心がけるのも良いと思います。ただ、根本的に解決したいのだったら性格改善という道もあるかもしれませんね。

というのも過換気症候群を発症しやすい人というのは、几帳面で神経質でよく考え込む人や頑張り屋さんなどが多いそうです。なのでまずは自分を犠牲にしてまで人に尽くそうなどと考えないようにすればいいのです。過換気症候群になる事もなければ薬を飲まなくても済むようになるかもしれません。