肝臓の病気を患った人の中には、黄疸といって目の白い部分や肌など全体的に黄色っぽく見える事があります。身内に肝臓の悪い人がいたために、黄疸は何度も目にしているのですが、私はそれまで黄疸というのは病気だと思っていましたが、実際には肝臓病の症状の一つでした。

でも実際に医学的には黄疸は症状ではないと言う医師もいるみたいです。でも病院で身内が入院している時などに話を聞いてみると、黄疸という症状が出る時があるというお話を耳にしたのを覚えています。という事は黄疸は肝臓病の症状の一つだと言えるのではないでしょうか?

そもそも黄疸というのは血液中にビリルビンという成分が多く含まれるために起こる症状だと言われています。なので体調不良などによっても黄疸が出る事があるはずです。この場合には病気による症状が出ているという事ではないかもしれません。現に先天性のものもあるらしいです。

ところで黄疸の症状がではじめると、体調が悪くなると感じていたようですね。倦怠感がひどくなって起きられなくなったりしていましたし熱が出る事もあったようです。身内の場合は肝臓の病気のために黄疸が出ていたのですが、黄疸自体は実は4つのタイプに分かれているみたいです。

身内は肝細胞性黄疸でした。肝臓がんになっていたために黄疸の症状が出ていたのです。タオルや下着などに黄色い色がついていた事もあったそうです。また肝臓がんなどで黄疸の症状が出てくると、末期であるなどの説明などもあったようです。

黄疸の症状が出るとどうして具合が悪くなるのか

黄疸の原因はいくつかありますね。肝臓の病気が原因で起こる場合もあればそうではなくて、胆石などが原因で胆管が塞がれてしまって、血液中にビリルビンという成分が多くなってしまう事で、血液が黄色見を帯びてしまうために起こる場合もあるでしょう。

いずれにしても黄疸という症状が出た時には、体調が悪くなってしまう事が有名です。黄疸になると発熱をしてしまったり倦怠感がひどくなったりします。これはいったいどうしてなのでしょうか?黄疸自体は病気ではないのに、倦怠感などの症状が出るのは何か理由があるのでしょうか?

その理由は本来ならば黄疸の症状が出ていない人が、急に血液の中にビリルビンという成分が混ざるわけですから、体調不良になっても当然なのかもしれません。特に体質的に黄疸が出ているという人ならば具合も悪くならないのでしょうが、健康な人が黄疸が出るという事は何らかの問題があるからですからね。

なのでもしも黄疸の症状が日常的にある体質的な人以外で、急に黄疸の症状が出た場合には病気の可能性が大きいので、できるだけ早く病院で検査などをした方がいいでしょう。もちろん黄疸だと言ってもすぐにどうにかなるというのではありませんから、それほど焦る必要もありません。

ですがやはり健康ではないという事になるので、できるだけ早く黄疸の症状の原因を調べてもらい、必要であれば治療をした方がいいでしょう。