フードファイターなどはとっても健康そうに感じますが、本当に大食いは健康なのでしょうか?まぁあの方たちは鍛えているスポーツ選手みたいなものですから比べる事は愚かな事だとは思うのですが、果たして少食の方が健康的なのか大食いが健康的なのかは謎です。

さて、現代社会では現代病と言われるほど病気が多くなっているのですが、その原因はいったいなんだと思っていますか?食べ物の種類にもよるかもしれませんね。最近は欧米化によって日本人の中にも腸に関する病気になる人が増えてきました。その原因はたくさん食べる事にあると言います。

糖尿病にしても大腸がんにしても十二指腸潰瘍にしても、多くの病気はいつでも美味しいものをたくさん食べられる世の中になってから増加してきたのです。つまりたくさん栄養のあるものを食べる事は、病気を誘発してしまう結果になっているという事が言えるのです。

病院の医師が食べている食事を見た事がありますか?多くの医師は必要最低限の食事で済ませています。しかもとても少食ですよね。忙しいからゆっくりとたくさん食べられないというのもあるかもしれませんが、医師が大食漢ででっぷりとしているのはあまり見ません。

つまり少食で必要最低限の栄養素をとっている方が健康的に生きる事ができるという事にならないでしょうか?実はこうした事を研究した結果、少食である事によって免疫力もアップし、体を健康に保とうと体がしようとするのだそうです。一番確実なのは腸を健康に保つ事なのだそうです。