普段から仕事で気になる事があったせいでしょうか?しょっちゅう胃の痛みに襲われるようになってしまいました。特に嫌なのは下痢や吐き気など他の諸症状がある事です。病院では胃腸炎だと言われて薬を処方していただいたのですが、見てみるとこれといった薬は無いのです。

こんな風に胃腸炎になった時に病院に行くのは、自分の体で何が起こっているのかを知るためには必要な事もあります。でも胃腸炎の場合というのは薬を病院で処方してもらおうとしても、原因によってはこれといった薬を処方していただけるわけではないのが現状です。

というのも普段から強いストレスにさらされている場合などに胃腸炎になった場合、もしかしたらその胃腸炎の原因が違う病気からくるものなのかもしれませんよね。そういう時には胃腸炎の薬よりも別の薬を処方される事もありますし、胃腸の状態を整えるために整腸剤を処方される事があります。

というか多分ですが胃腸炎の薬といっても整腸剤などを処方される事が多いのではないでしょうか。例えばビフィズス菌などが多いかもしれません。となると病院に行かなくても市販薬でもいいではないかと思うかもしれませんが、それは大きな間違いだと考えた方がいいでしょう。

その理由は胃腸炎の原因がなんであれ、体内に入ったウィルスを外に排出しようとしているのに、薬を飲んで下痢を止めてしまったり吐き止めなどを飲んでしまっては、悪いウィルスを外に出すのを阻害する事になるからです。なので自己判断をせずにまずは病院に行って相談した方がいいでしょう。

原因別の胃腸炎の薬

胃腸炎の原因によって病院でいただける薬が違うものなのかについてを調べてみる事にしました。胃腸炎の薬で最もポピュラーなものといえばやはりビフィズス菌などではないでしょうか。中には胃の痛みが激しい人もいることだと思うので、そういう時には胃の炎症を抑える働きのある薬を処方される事もあるでしょう。

いずれにしても自己判断で勝手に市販薬を飲んで済ませてしまおうと考えている方が多いので、胃の不調だったら胃薬でお腹が下っているのなら下痢止めなどを選ぶでしょう。でもそれで本当に良いのかというと、胃腸炎の原因がウィルスによるものだった場合には下痢止めは飲まない方がいいのです。

どうしてかというと胃腸炎は体内に入ったウィルスを外に出すために下痢をしたり嘔吐をしたりしているので、なるべく適度に水分を補給するだけでやめておいた方がいいからです。でもどうしても市販薬で済ませたいと考えているのなら、薬剤師のいる薬局などで相談しながら薬を決めてみるといいでしょう。

ただし胃腸炎は体内に入ったウィルスが(ウィルス性の胃腸炎の場合)外にある程度出されなければ嘔吐も下痢も止まる事は無いといえます。この事から病院に行って治療を受けた方がいいのです。胃腸炎の原因で多いのはウィルスによるものだったり、風邪によるものだったりとウィルスが原因の事が多いです。

次いでストレスが原因で胃腸炎になるという方が多いでしょう。食中毒意外の胃腸炎を繰り返していると、慢性胃炎などになってしまう可能性があるので、早めに対応するためにも市販薬を飲むより病院を選択した方がいいかもしれません。慢性化すると胃がんに発展しないとも限らないからです。