私のいとこの第二子はダウン症で生まれてきました。生まれた当時はどうして我が子がと嘆いたそうですが、大きく成長するにつれて可愛くて仕方がないと感じるようになったそうです。その理由はダウン症の子供の持つ特徴にあるのかもしれませんね。

ダウン症で生まれた子供さんには、皆共通の特徴を持っているのだそうです。その特徴の代表的なものが性格の明るさだと言っていました。確かにいつもニコニコとしていて、見る人を幸せな気持ちにさせてくれるという特徴を持っていて、多くのダウン症の子供さんが同じように明るい性格をしています。

もちろん中には頑固で一度怒り出したらなかなか元に戻ってくれないという事もあるそうですが、実はこれもダウン症の子供さんの特徴なのだそうです。明るい性格なのに頑固な性格でもあるという不思議な特徴を持っているのですね。でも全般的に周囲を明るくする天才だと思います。

私も実際に何度もお世話をしましたが、とっても素直で可愛らしい性格なので、一緒にいて楽しいし大好きです。このように多くのダウン症の子供さんが周囲に愛されるという特徴を持っているのです。もちろんダウン症特有の症状と言えば、似ている顔つきなどもあるかもしれませんね。

それは以前説明した通り、染色体異常によって起こる特徴的な症状なのですが、な簡易はダウン症だとわからない顔つきの子供さんもいるみたいです。人にはそれぞれ特徴があるようにダウン症の子供でも多少の違いはあるものなので、一括りにはできないものなのですね。

ダウン症の特徴を取り上げてみると

まずダウン症の特徴を一つずつあげてみると、21番染色体が1つ多い事による顔の特徴だと言えるのではないでしょうか。顔のパーツを決めるこの染色体が一つ多いと、その顔突きの特徴であるつり上がった目や、小さな幅広い感じの鼻や丸くて小さな口などの特徴が出てきます。

そのほかの特徴としては、先程あげたように非常に明るい性格ではないかと思います。とても素直でニコニコと笑うので周囲を暖かくしてくれます。逆にこうと決めたらてこでも動かないという頑固さも兼ね備えているのも特徴的ですね。また、手の指が丸っこいのも特徴かもしれません。

指が丸くて短い感じの形をしているので、その小さな手で何かを必死にする姿も可愛いと思ってしまいます。子供の内はいいのですが、思春期になってくると色々と問題が起こってくるのも特徴だと言えるかもしれません。というのも男性でも女性でも欲望に対して制御ができない傾向にあるからだそうです。

そのため性教育は早くから行う方がいいと考えられているようです。他にも思春期になるとそれまで明るかった性格が逆転する事もあるそうで、これもダウン症の特徴だと言えるのかもしれません。ほかには比較的早い時期にアルツハイマーになるという報告もあるそうです。

小さい頃は可愛らしくて愛らしいダウン症の子供も、思春期以降は親でさえ手を焼く事もあるというのも特徴なのかもしれません。特に女性よりも男性の方が手がかかると言われているそうです。