頑張って出産をして、待ちに待った我が子がダウン症だったとしたら?恐らく出産前にそんな事を考えたとしたら、「絶対に嫌だ」と思ったり不安に感じたりしてしまうかもしれませんね。ですが母は強いもので赤ちゃんがダウン症であっても、我が子は愛おしいと思うものなのです。

ダウン症で産まれてきた赤ちゃんには、他の子供とはちょっと違った特徴を持っています。その内の一つは身体的な特徴であると言えるでしょう。ダウン症の赤ちゃんは新生児にしては目がハッキリとした二重で、目はちょっとつり上がった感じがするのが特徴です。

他にもダウン症の赤ちゃんには目立った特徴があります。それは耳の大きさがほんの少し丸まっている感じがする小さい耳をしています。耳が内側にくるっとしている赤ちゃんもいるかと思います。そして耳のついている位置がホンの少しだけ下の位置にあるのも特徴かもしれません。

耳がちょっとだけ後ろに傾いて見えるのもダウン症の赤ちゃんの特徴でしょうか。他にも手などにもダウン症の特徴が出てきます。ダウン症の赤ちゃんの手はちょっと指が短めです。これは関節の数が少ないためなのですが、ちょっと見ると猿手といって人差し指と親指の間は離れています。

知的障害という程の事ではない赤ちゃんが多く、少し覚えるのが大変という感じでしょうか。恐らく感覚的にはその程度の感覚に感じるようになるそうです。そして一番のダウン症の赤ちゃんの特徴は、愛らしさにあるのではないかと思います。ニコニコとしてとても可愛いのが最大の特徴です。

ダウン症の赤ちゃんのその他の特徴

ダウン症の赤ちゃんの見た目には、見てすぐにわかるような特徴が顕著に現れている赤ちゃんもいれば、お父さんとお母さんの遺伝子を受けているだけあって、それほどダウン症だと気づかないケースも多いです。よくダウン症の赤ちゃんは全て同じ顔をしている。

などと言う人がいますが、それは全く違うのでハッキリと言っておきましょう。確かにダウン症の赤ちゃんの身体的特徴というのは、全ての赤ちゃんに当てはまる事なのですが、ひとりひとりはちゃんとに個性があって、両親の遺伝の方がはるかに強く出ているものなのです。

ただ染色体に問題があるため、どうしても身体的な特徴が似るのは仕方がない事だと言えます。そんな似た特徴の一つに性格というものがあります。ダウン症の赤ちゃんというのはとても愛らしいのも共通点の一つだと言えるでしょう。いつもニコニコとしていてとても可愛いです。

性格も穏やかで皆に好かれる性格をしているのもダウン症の赤ちゃんの特徴かもしれません。よくダウン症の赤ちゃんを育てているお母さんの話を聞くと、ダウン症の赤ちゃんは天使のようだとおっしゃいます。確かにとても可愛らしい笑顔を周囲に振りまいてくれるので、幸せに感じる事が多いかもしれません。

ただダウン症の赤ちゃんは、身体がとても弱い事が多いので、赤ちゃんの内は病院とは縁の切れない生活が続く事もあるかもしれません。ですがそれを乗り越えていけば楽しい毎日が待っているので、うまく乗り越えられると良いですね。