生まれたばかりの赤ちゃんは、眠っているので何か障害があるのかどうかはすぐにはわかりにくいものですよね。私も経験した事があるのでわかるのですが、我が子がダウン症かどうかはいつわかるものなのだろうか?という点で悩んだ事があるのです。

というのも身内にダウン症の赤ちゃんが生まれた人がいるので、もしかしたら遺伝的にダウン症の赤ちゃんが生まれやすいのかも?と心配した事があるからです。なので子供が生まれた後で、この子がダウン症ではないのはいつわかるのだろうか?と思ったわけです。

昔は生まれた赤ちゃんの血液を調べるものだったと思ったのですが、最近ではプライバシーの侵害になるのか、頼まなければ血液型がわからないので、ダウン症かどうかがいつわかるのかと悩むよりも、血液検査をした方が早いのかと悩んでしまったのです。

ダウン症がいつわかるのかは悩むところですが、ダウン症の場合はお腹の中にいる時の羊水検査をする事でわかると言われていますね。ですがこの検査をすると、お腹の赤ちゃんに異常が起こる可能性があるので私は遠慮しました。

身内のケースですが、ダウン症だといつわかったのかは、入院中にはこれといった検査をしなかったそうです。退院後にダウン症の可能性を疑って改めて検査をしたら、ダウン症がわかったというように言っていました。

中には入院している時に、病院の方に「ダウン症では?」と相談してわかったという人もいるみたいです。なのでいつわかるのかについては親が気づいた時に検査をする、もしくは羊水検査によってわかるのかのどちらかかもしれませんね。

ダウン症がいつわかるかは検査次第

少し前まではダウン症がいつわかるのかは、4ヶ月を過ぎた頃からのダウン症羊水検査を受ける、もしくは生まれてから検査を受けるのどちらかしか確実にダウン症だとわかる方法はありませんでした。その間はエコーを見て心配したりしているものです。

でもこれらの方法では、はっきりとダウン症だとわかるまでには時間がかかります。例え現在行われている羊水検査によって、ダウン症が判明したとしてもすでに遅いと思います。ある意味で言えば4ヶ月以降になると、いつわかるとしても結果は同じなのです。

本当はもっと早い時期にダウン症である事がわかると良いのですが、羊水検査をする方法は赤ちゃんの入っている袋に注射器を射して羊水を取るため、4ヶ月以降でないと流産してしまう危険性があるのです。そのためダウン症がいつわかるのかがわかっても、検査を躊躇してしまうママが多いのでしょう。

ですが、最近ではちょっと違ってきているようです。将来的にダウン症の子供の世話をするのに不安を感じている方も増えてきているようです。なのでダウン症がいつわかるのかを聞くと、羊水検査をして欲しいと羊水検査を希望するママが増加しているのだそうです。

ただ危険性がある事は事実で、何でもない健康な子供でもショックで流産してしまったりする事もあるそうです。もしどうしても検査をしたいのなら、血液検査でダウン症だとわかる検査を受けてみてはどうでしょうか?10万円以上はかかりますが、10週からならいつからでも検査ができる安全な検査です。