子供を望んでいる親にとって、妊娠する事はとても幸せな事であると言えます。ですがお腹の子供が大きくなるにつれて、ある心配事が頭から離れなくなる時があるのです。その代表的なのがダウン症じゃないだろうか?検査を受けた方がいいのかな?とか診断はいつ?などです。

私自身子供を出産する時にはダウン症の検査や診断についてを説明された事があります。そうですね、一番最初にダウン症の検査の事をお話ししていただいたのは、妊娠中期に入った頃でしょうか、ちょうど妊娠4ヶ月くらいの事でした。担当していただいていた医師に、ダウン症検査どうしますか?と言われたのです。

確かにダウン症の検査や診断をするのは、両親にとってはとても重要な事で、ダウン症ではない事がわかったら一安心する事ができるでしょう。ですがしかし、もしも検査の結果でダウン症だと診断されてしまったらどうしようと言うのでしょうか?私の場合は、ダウン症でも育てますので結構ですとお断りしました。

すると医師も、中期になってダウン症の検査ができるようになると、多くのお母さんがダウン症の検査を受けたがるのだそうです。そしてダウン症だと診断されると、すぐに中絶を決める方が多いと聞きました。本当ならば4ヶ月を過ぎたら中絶はできないのに、診断された途端に中絶を希望するのです。

この事は非人道的であるという見方をする医師もとても多いのだそうですが、ご両親の意思が固くてやむを得ず中絶をする方もいるのだそうです。こうした事からダウン症の検査や診断については慎重に行うべきであるという見方をしている医師も多いのだそうです。

ところで、現在行われているダウン症の検査や診断についてをまとめてみる事にしました。中には画期的な検査方法というのもあるのだそうです。

ダウン症の診断方法について

ダウン症であるかどうかは親にとってはとても不安な要素のようです。そこで現在日本ではたくさんのダウン症の検査や診断方法があるのだそうです。例えば検査や診断に関しては、行う事ができる月齢や年齢などが、検査によって違ってくるのだそうです。

最も早いダウン症の検査・診断方法は、妊娠中期に受ける事ができる『羊水検査』ではないでしょうか。この検査は羊水を注射器で抜き取って検査をするというもので、羊水の中にある染色体を調べて診断するというものです。この方法では流産の危険性があるので注意しましょう。

その理由は羊水を注射で取る時に羊膜に刺すわけですから、そのショックで流産をしてしまう可能性があるからです。問題なのはダウン症の検査が中期になってからでないとできないという事です。もしこの時にダウン症だと診断されても、育ちすぎていてどうする事もできない事が多いのです。

ところが最近になって妊娠10週目くらいから、血液検査によってダウン症の診断ができるようになったそうです。この検査だと血液を採取して行なうだけなので、母体にも胎児にも影響しないので安全で、しかも早期に診断できるので良い検査・診断方法かもしれません。

ただし、この血液検査でのダウン症の診断というのは、保険が適応にはなりませんから、高い金額の検査料を自腹で支払わなくてはなりません。でも我が子がダウン症かどうかを簡単に診断する事ができるので、日本でも徐々に浸透しつつあるのだそうです。