ダウン症の身体的特徴はとてもわかりやすいものが多いです。染色体の異常によって起こるダウン症の身体的特徴の代表的なものは、顔ばかりだと思われているようですが、耳の形もとても特徴的な形をしているのをご存知でしょうか。

一般的にダウン症の方の耳は、小さいのが特徴だと言われていますが、それだけではなくて耳の上の部分が内側に丸くなっているのも特徴だと言われています。特に耳の形の特徴は生まれたばかりの赤ちゃんが、ダウン症かどうかの基準にされやすいという面も持っているのです。

例えば赤ちゃんは常に目を閉じているので、ハッキリと顔の特徴がわかりにくいですね。ところが耳の形というのは赤ちゃんが眠っていてもわかるので、自分の子供がダウン症かどうかの見分けに使われている事が多いのだそうです。

確かにお母さんとしては、自分の子供がダウン症だったらどうしようと考えるのは当然の事かもしれませんが、ダウン症の特徴は耳だけではハッキリとはわからないものです。しっかりとダウン症かどうかの検査を受けるべきで、耳の形で決め付けてはいけません。

確実に検査をしてダウン症だと決まったわけではないのですから、それほど耳の形が小さいからと言って、特別に気に病む必要はありません。ですが心配になる気持ちはわかりますので、ダウン症の耳の形の特徴についてを詳しく調べてみる事にしましょう。

それと確実にダウン症かどうかを判断するためには、医師にしっかりと相談してみるべきでしょう。決して耳の形でダウン症を心配するような事はしてはいけません。

ダウン症の耳の特徴とは

自分の子供がダウン症かどうかは、生まれてきた時に医師が「ダウン症かも」と思えば進んで検査をするでしょう。という事は多少耳の形がどうであれ、あまり関係が無いのかもしれませんが、中には後になってからダウン症だとわかるケースもあるそうです。

なのでダウン症の耳の特徴がどのようなものなのかについてを調べてみるべきでしょう。という事で、ダウン症の赤ちゃんの耳の特徴についてを色々と調べてみる事にしました。まずダウン症の方の耳は全体的に小さい造りになっている事が多いようです。

通常は健常者の場合の耳の大きさとは明らかに違い、丸まったような感じの耳の形をしていて、しかも一般的な耳の位置よりも低い位置に耳がついている事がわかっています。例えば健常者の耳の一番上の部分が、目の位置にきているとすると、ダウン症の方は少し低い位置に耳がついているのです。

もちろん全てのダウン症の方の耳の位置が、低すぎるという事ではありません。少しだけ下の位置にあって倒れている感じがする耳の形の特徴があります。ですがこの耳の特徴というのも健常者とそれほど違いがあるというのではなく、言われたらそうかな?というくらいの人もたくさんいらっしゃいます。

というのもダウン症というのは染色体異常だとは言っても、やはりご両親の遺伝も強く受け継いでいます。なので耳の形にしても顔の形にしても、やはり人によって違ってくるものなのです。ただダウン症の方の耳はちょっと下の位置についていて、耳が普通よりも若干小さいという特徴であるのは間違いありません。