我が子がダウン症だったとわかった時、母親としては悲しんでいいのか無事に生まれてきた事を喜んでいいのかわからなくなります。これはおそらく経験してみないとわからない事でしょう。夫婦間でも相手に問題があるのでは?と疑ったりする事もあるかもしれません。そこで気になるのは遺伝との関係です。

もしも自分の家系にダウン症の子供がいたとします。その数が多ければ多いほどダウン症の遺伝が関係しているのかな?と思っても不思議ではありません。確かに遺伝とダウン症の関係は色々と言われているようですが、本当に遺伝が関係しているのかは科学的に証明された事ではないかもしれません。

というのもダウン症の子供が生まれてしまった、という夫婦の家系でダウン症が全くいないとした場合、遺伝は関係ないという事になりますよね。実際にダウン症の子供が全く生まれていない家系なのに、突然ダウン症の子供が生まれたという事だって実際には多く存在しているのです。

ちなみにダウン症は遺伝子が多かったり少なかったりといった、遺伝子に問題を抱えて生まれてきた子供に出る症状です。そしてダウン症の子が大人になって結婚をしたとしても、子供を残すことが大変難しいと言えます。このためダウン症と遺伝はそれほど関係がないと考える人も多いのです。

実際にダウン症が生まれた原因の多くは、遺伝ではなくて高齢出産にあると言われています。高齢出産をするという事は子供がダウン症になりやすいリスクをうみます。なので遺伝よりも母親の年齢に深く関係しているのではないかと考えるのが普通なのではないでしょうか。

ダウン症の遺伝の確率は?

例えば結婚をした相手の身内や兄弟姉妹にダウン症がいたとしたら、もしかしたら自分の子供もダウン症になってしまう可能性がないのだろうか?と疑心暗鬼になってしまう事もあるでしょう。例えば最も多いダウン症のタイプで、21番トリソミー型と言われるダウン症の遺伝の確率は0%と言っていいでしょう。

つまり一番多いダウン症のタイプは遺伝しないという事になります。なのでもしも結婚をしようとしている相手の身内や兄弟姉妹にダウン症の方がいたとしても、自分の子供にダウン症が遺伝するという確率はほぼ0%だと思ってもいいという事になるわけです。

という事はダウン症は遺伝とは何の関係もないという事なのでしょうか?確かに色々と調べてみると、ダウン症は遺伝はしないという事が言われているので、それはそれで安心していいのかもしれませんが、遺伝するタイプのダウン症もあるという事なので、もし気になるのなら事前に遺伝子を調べてみるといいでしょう。

転座型と言われているダウン症のタイプの場合は、1%程度の確率で遺伝が関係していると言われていますが、わずかな確率なのでほぼ遺伝は考えなくても良いという事になるのではないでしょうか。もしも心配をするとしたら、やはり母親の年齢の方を心配すべきではないかと思います。

例えば母親が不妊治療をしていたとして、年齢が40代になっていたとしましょう。万が一受精をして妊娠したとしても、ダウン症になる確率は1/106という驚異的な確率でダウン症になってしまうのです。これは遺伝の何倍もの数字です。なので遺伝よりもむしろできるだけ早く出産をする事を考えた方がいいでしょう。