外出先で寒気を感じて自宅に戻ってきたら、激しい胃の痛みと熱が出てしまって翌日までまんじりともせずに過ごす事になってしまいました。と、こんな状態になってしまったとしたら、胃が痛いのと熱のセットなんて一体なんなのでしょうか?

実は胃が痛いのと熱が出るのとではあまりある事ではないらしいです。もちろん食中毒などで熱が出る場合もありますが、そう頻繁に食中毒になるというのも考えにくいですよね。ですが実際にはそのまさかが原因の事が多いのだそうです。

ただ単純に食中毒だからと言って熱が出るというのでは無いようです。ノロウィルスなどの場合には熱と胃が痛いなどの症状が出るものなのだそうです。経験した人ならわかると思うのですが、かなりの高熱が出る事があるので注意しましょう。

もちろん他にも胃が痛いのと熱が同時に出る病気はあります。それは風邪からの感染による胃炎などです。これは風邪のウィルスによるもので、胃腸風邪などと言われているものだそうです。胃腸風邪になると胃が痛いのと熱が同時に出るのだそうです。

これらの症状が出てしまったら、我慢をせずに病院に行って調べていただいて、しっかりと治療を行う事が一番良い方法なのではないかと思います。特にノロウィルスの場合には他の人に感染してしまう事が考えられるので要注意かもしれません。

実はこれらの他にも胃が痛いのと熱が同時に出る病気があるのだそうです。そこで胃が痛いという症状と熱が出るという症状が出る病気がどのくらいあるのかを調べてみる事にしました。

胃が痛いのと熱が出る病気

胃が痛いそして熱が出る病気がいったいどのくらいあるのか?実はそれほど多いものではありません。例えば胃炎で熱が出る事は無いからです。つまり胃が痛いのと熱が出る病気の場合、ウィルスによるものもしくは重大な病気が隠れている可能性があるという事になるのです。

ウィルス性の病気で言えば先程から述べているように、風邪によるもので一般的に胃腸風邪などと呼ばれている風邪ですね。そして食中毒でも胃が痛いのと熱が出るものがありました。ノロウィルスなどが最も有名な食中毒なのではないでしょうか。

ではそれ以外で胃が痛いのと熱が出るのはなんなのかというと、実は胆石などの病気を発症しても同じような症状が出る事があるのです。ただ胆石の場合には他の部分にも症状が出ると思うので、わかりやすいのではないかとは思います。

でも一応これらの病気の可能性があるという事は事実なので、胃が痛いそして熱が出た場合には一応病院で検査などを受けてみるといいでしょう。頻繁に胃の痛みなどがある場合には、一度胃カメラなどの検査を受けてみてもいいかもしれません。

胃がんや他の重大な病気である可能性が全く無いとは限らないからです。特に胃が痛いという症状も熱が出るという症状も、何かの初期症状である可能性が無いとは限らないので、そうならないためにも定期的な健康診断を受けるべきだと思います。