不整脈とは脈拍数が正常な脈拍数よりも多いか少ないかや、連続してあった脈拍があるところで飛んでしまったりする事を言いますが、不整脈は珍しい事ではないとわかっていても、もしかして、と心配になって病院で診てもらおうと思ったのですが、一体何科に行けばいいのかわからないなんて事はありませんか?

実は私も心電図などの検査を受けると必ずといっていいほど「不整脈ですね」とさらりと言われてしまうのですが、実際に病院で不整脈の治療をしたいとか思った事がないので、何科を受診すればいいのかなんてこれまで考えた事も無かったのです。

ところが、不整脈歴が長くなってきたのでそろそろ不整脈についてを病院でしっかりと検査してみてはどうかなと思ったので、病院で検査を受ける事にしたのですが、最近の病院というのは予約をしないとかなり待たされてしまう事になるので、予約をまず入れようと考えたわけです。

そこで不整脈って何科で受診すればいいのだろう?と思ったわけです。単純に考えたら不整脈は脈拍に関係しているわけですから、心臓関係の科を受診すればいいという事になりますよね。心臓関係と行ったら何科なのかを調べればいいわけです。

一般的に心臓や不整脈に関係している科は循環器科もしくは内科を受診すればいいのだそうです。病院によっては違ってくるかもしれないので、そういう場合には病院の受付に不整脈は何科を受診すればいいのかを聞いてから予約を入れるといいのではないでしょうか。

不整脈で何科を受診すればいいのか迷ったら

基本的に不整脈というのは本当は心臓の病気以外でもよくある事なのだそうです。なので病院によっては何科で受診すればいいのかが分かれる事もあるみたいです。実際に私が心電図で検査をしたのは内科でしたが、他の知り合いが検査をしたのは循環器科でした。

他にも心臓外科で不整脈の検査をしてくれるという病院もあるそうです。となると一体何科を受診すれば不整脈を検査してもらえるのか迷ってしまいますよね。実は不整脈を専門に調べてくれる科というのは無いので、その病院がそれまで行ってきた科で受診する事になるわけです。

現代の病院でそんな事があるのかと疑いたくなる気持ちもありますが、実際に不整脈は何科で受診しましたか?とリサーチすると、内科で受診したとか心臓外科で受診したとか色々とあるのが事実なのです。確かに専門的に診てもらいたいと考えるのなら、心臓外科に行くのも一つの手かもしれません。

ただ、不整脈というのは風邪で熱が出たり、ちょっとした運動をしただけでも感じたりするものです。本人が何もしていないのに脈拍が急に早くなったといえば、それはそれで不整脈という事になるのです。そういう理由の不整脈を何科で診てもらえばいいというのでしょうか?

結局は不整脈は普段普通に起こっている症状の一つである可能性がある以上、何科で受診したらいいのかを悩む必要は無いのかもしれません。もしも何科に行くのか迷ってしまった場合には、やはり病院の受付などで不整脈について検査したいなどと伝えれば、その病院の不整脈を調べてくれる科に案内してくれるはずです。