私は鉄欠乏性貧血です。いきなりどうしたのかと思われるかもしれませんが、この鉄欠乏貧血のせいで激しい眠気に襲われてしまいます。仕事がデスクワークなだけに本当にこの症状には困っているのです。でも鉄欠乏性貧血はそんなに簡単には治療する事ができない病気です。

たかが眠気くらいで貧血がどうのこうのと言わないでいただきたいのです。みなさんが想像しているよりもはるかに鉄欠乏性貧血による眠気は強烈なのですから!まず第一に目を開けていられないくらいの貧血になってしまうのです。起きていて作業をしていてもいつの間にか眠っている事もしばしばです。

起きているのに記憶が飛ぶ程の眠気に襲われる事って普段ありますか?私はほぼ毎日この鉄欠乏性貧血による眠気と闘っているのです。よく親などから貧血くらい食べ物で改善すればいいじゃない!と言われるのですが、鉄欠乏性貧血を舐めてもらってはいけません。

実はこの鉄欠乏性貧血は、血液中の鉄分だけが不足するという貧血なのですが、この鉄分が不足するとヘモグロビンというものも減少してしまいます。そのため常に酸素不足になるため、眠気が襲ってくるという事になるわけです。多分一般的な血液中のヘモグロビンの濃度が12g/dl以下(女性)で鉄欠乏性貧血だそうです。

でも私はなんと7g/dl以下なのです。ひどい時には6g/dlというド貧血なのです。一時期鉄分の補給を病院で受けていましたし、病院で処方された鉄剤なども飲んでいたのですが、それでも鉄欠乏性貧血が治る事はありません。なので毎日必死に眠気と闘っているのです。

貧血による眠気を改善するためには

医師の話だと、鉄分を多く含んだ食べ物を食べるのが一番いい方法のようなのですが、私のようなド貧血のタイプの鉄欠乏性貧血の場合、鉄剤を飲んだり点滴したりをたまにしなくてはならないようです。もちろん普段の食生活でも貧血を改善しようと必死にやってはいるのです。

よく貧血を改善したいために造血をする作用のあるサプリを飲む人がいますが、私の場合は病院でそれはやめた方がいいと言われました。なぜならば、造血作用のあるサプリメントは、足りないものを増やすのではなくて全体的に増やすサプリメントだからだそうです。これでは眠気どころか体調を崩す可能性が出てきます。

なのでできるだけ貧血の改善をする時には病院で相談した方がいいでしょう。もちろん食べ物などで血液を増やそうとするのはいいみたいです。レバーなどはとても良いと言われました。海藻類などもビタミンやミネラルを豊富に含んでいるので、貧血の改善やそれに伴う眠気の改善に役立つかもしれません。

ただ、絶対という事はないと思うので一応病院で、自分がどのくらい貧血なのかをしっかりと検査してもらってからの方がいいですね。私の場合はたまたま入院していたために、検査を受ける事ができたので良かったですが、それ以外の普段健康な人の場合は、病院に行って貧血かどうかの検査をしたいと言えばしてくれるでしょう。

もちろん眠気の原因が貧血だけだという事は絶対にないと思います。他にも多分色々な原因が隠れていると思いますし、規則正しい生活をしていれば改善していくかもしれないので、自分の本当の眠気の原因を一度探ってみるべきだと思います。