ど忘れがひどいと心配になる事があります。というのも若年性健忘症で悩む人が増えてきているからなのです。ある人から聞いた話ですが若年性健忘症は見つかりにくいのだそうです。だからこそセルフチェックを普段からした方がいいというのです。

どうして若年性健忘症はセルフチェックをしなくてはならないのかと不思議に思ったので聞いてみると、若年性健忘症は病院で検査をしても脳などに異常が見つからないものだからなのだそうです。つまり病院で若年性健忘症は治療ができないという事です。

でも若年性健忘症のチェックはどうすればいいのかというと、意外にも「こんな事がわからなくなるものなの?」というものがとても多いのです。例えば例をあげると人が話している言葉の中に、自分がわからない言葉が出てくるとかがあるのです。

これは老人性の痴呆症などと同じようなチェック項目ですが、若年性健忘症の場合は老人性のと違って若年性健忘症の独特なチェック項目があるのが特徴で、中にはドキッとするような項目があるので、もしかしたら自分もそうかもしれないと思ってしまうかもしれません。

例えば誰かと話をする時に、以前よりも「あれ」とか「あの~」とかの代名詞が出るようになったとかなんていうのは、もしかしたら若年性健忘症なんじゃないだろうか?と思う瞬間ですよね。なのでそういう事が多くなってきたらセルフチェックをしてみてもいいかもしれません。

若年性健忘症のチェックはどこで?

若年性健忘症を自分でチェックするためには、病院に行ってチェックをしてもらうという事もできるかもしれませんが、インターネットなどでも若年性健忘症のチェックを自分でできる事ができます。こうしたセルフチェックをしっかりとしておくのもいいでしょう。

ちなみに若年性健忘症の患者数は年々増加している傾向にあるのだそうです。その理由はIT関連の仕事などでパソコンや電卓など、便利な機械を使っての作業が多くなってきたからだとも言われています。それが理由で患者数が多くなってきているのだそうです。チェック項目もなるほどと思うものばかりです。

若年性健忘症のチェックの中には、同じ作業や言われた事だけを繰り返す仕事をしている人特有の症状もいくつもあるので、おかしいなと思ったらセルフチェックを行ってみるべきでしょう。例えば「今日何日だっけ?」などというのも項目に入っています。

こうした若年性健忘症の症状が出てきて、チェック項目に当てはまる事が多くなってきたら、少しだけ脳を違った使い方をしてみるのも有効な治療法になるのだそうです。ただどうしても物忘れが治らない場合には、病院でしっかりと検査を受けて治療をした方がいいでしょう。

普段から若年性健忘症を予防するためにできる事は色々とあるので、日常生活の中で脳に刺激を与えたり、いろいろな事を考えて行動をしてみるなどをしてみるといいそうです。また、若年性健忘症のチェックも気づいたらやるようにしてみるのも予防につながるでしょう。