逆行性健忘症というのは交通事故などで東武を強打したりした時などに起こると言われているそうです。逆行性健忘症になった事がある人から話を聞くと、逆行性健忘症というのは頭を強打した後になって出てくる事もあるのだそうです。

例えばその方は、自転車に乗っていて砂に車輪をとられてしまって、転んで頭を強打した時のお話だそうですが、その時には頭を強く打ったという事で病院に行ったのですが、実際に病院に行って治療を受けると、これといった治療を受ける事もなく病院をあとにしたのだそうです。

すると、自宅に戻ってから自分がどうして寝ているのかがわからなかったそうです。そして身内に必死に自分がどうして寝ているのかを聞くのだそうです。実はこの時には気づかなかったのですが、こうした後になって起こる記憶障害を逆行性健忘症だとわかった後でも、それほど深刻な治療は行われなかったそうです。

どうして逆行性健忘症と診断されてからも、これといった治療が行われなかったのかはいまだもって謎なのだそうです。どうして治療をしてくれなかったのかを聞いてみると、当時は放っておいても自然に記憶が戻ってくるのだそうです。

そのために逆行性健忘症だと診断されてもそれほど深刻には治療が行われなかったのでしょう。現にその方も事故後は曖昧だった記憶が、しばらくしたら戻ってきたのだそうです。この事から逆行性健忘症の治療はこれといった治療をしなくていいものなのだなと思ったそうです。

逆行性健忘症は治療しなくても治る?

友人の話では中学生の頃に頭を強打する事故を起こしてしまった時に、記憶障害になってしまって逆行性健忘症と診断されたのに、これといった治療をしなくて治ってしまったそうです。という事は逆行性健忘症になっても治療をしなくても治るので、治療は必要ないものなのでしょうか?

実はまれに入院をして治療をする事もあるのだそうです。逆行性健忘症は頭部を強打したりする事によって起こります。言ってみれば脳の記憶回路が事故などによって損傷をしているという事ですから、どうしても必要な場合には催眠治療などが行われる事もあるのだそうです。

ちなみに逆行性健忘症は、頭を強打したりする事によって起こるので、病院で診断を間違われる事はまずないとは思うのですが、治療中はそれほど記憶障害が無かったのに、退院してから記憶障害が出てきたりする事もあるのだそうです。そういう場合には誤診を受ける事もあるのだそうです。

そのため逆行性健忘症の治療が遅くなってしまう事もあるそうです。そういう場合には事故を起こして治療中には起こらなかったという事などをしっかりと伝えて、逆行性健忘症になる可能性があるという事を的確に医師に伝える必要があるとは言えるかもしれません。

また、逆行性健忘症になる程の事故だと、脳に受けるダメージも強いために後遺症として残る可能性も高くなると言われています。その後遺症の中にはテンカンなどの症状もあるので、そちらの治療の方を重点的に行う事があると考えられます。