解離性健忘という障害で悩んでいる人が増えているみたいですね。私たちが育ってきた環境によっては解離性健忘という障害を発症してしまう事があるのです。これはかなり深刻な症状が出る障害なので、原因をしっかりと把握して未然に防ぐべきではないでしょうか。

私たちの父母の時代以前は父母の存在や言葉は絶対で、親から精神的に圧迫されて育った事によって解離性健忘という障害を発症するケースがあったそうですね。これは最近はないかもしれませんが、現在では別の原因によって解離性健忘という障害を発症しているのだそうです。

その原因は、小さな子供の頃に家で虐待をされてしまったりすると、思春期になってから自分ではどうしてかわからないけど、まるで自分が自分ではないような感覚になってしまったりして、社会的な生活が送れないなどの障害が出てくるのが解離性健忘という障害なのです。

また、子供の頃にひどい事故にあってしまったり、大好きだった身内が突然死んでしまったりした事がショックだったりする事も解離性健忘の原因となるそうです。また、最近では親から受けた虐待やネグレクトといった育児放棄などが原因で起こる場合もあるようです。

ちなみにこうした解離性健忘のような障害は、成長の過程で何度も起こるものなのだそうですが、いずれも一過性のものが多く何も不思議な事でもないのですが、原因によっては解離性健忘という障害になってしまう事があるのです。

解離性健忘の原因で増えているものについて

近年では親からのコントロールみたいな事をする人は減ってきました。なので明治時代以前に起こったとされる親の子供への重圧による解離性健忘というのは少なくなったのですが、逆に増えている原因があると言われています。それは育児放棄や性的虐待などだそうです。

そんな事が原因で解離性健忘になるの?と思われるかもしれませんが、小さな子供の頃に自分で何もできないのに親から育児放棄をされてしまったとします。子供は不安で怖くてたまらないでしょう。また、子供への日常的な虐待によって思春期を過ぎてから解離性健忘になる事もあるのです。

こうした原因は現在でも増え続けていると言われています。これは親となるべきなのに自分が優先という考え方を作ったその親がいけなかったのかもしれません。つまり解離性健忘症の原因で増加しているのは事故や死別などではなくて、親からの虐待やネグレクトや性的虐待といったものなのです。

まずこれを改善していかなくては解離性健忘で悩む人が減る事はないでしょう。それと最近はインターネットなどでショッキングな映像などを見る事ができるようになっています。そういう映像を見たりした事によって解離性健忘の原因となっている可能性も指摘されているようです。

なので、親はまず自分が子供を育てる理由や大切さについてをしっかりと認識し、子供を慈しみ愛して接してあげるべきです。また、衝撃的な出来事があった場合にはアフターケアなどをしっかりとしてあげるのも忘れてはいけないことなのです。解離性健忘の原因を和らげる事ができるでしょう。